前へ
次へ

人材派遣の三つの種類とそれぞれの特徴

人材派遣には、大きく分けて三つの種類があり、それぞれに異なる特徴を備えています。一つの種類は登録型派遣と呼ばれるもので、派遣会社が派遣社員との間で雇用契約を結び、仕事の案内や就業条件の明示、さらには給与の支払いや福利厚生などの点でのサポートを提供します。登録型派遣の場合、派遣先の企業が派遣スタッフに対して仕事に関する必要な指示を出すことになっています。別の種類の人材派遣は紹介予定派遣と呼ばれており、派遣先企業に契約社員や正社員として直接雇用されることを前提として、一定の期間派遣スタッフとして就業することを特徴としています。契約期間が終了する時点で派遣先企業と派遣スタッフの双方に合意があった場合、直接雇用に切り替わることになっています。もう一つの人材派遣の種類は常用型派遣で、派遣会社といわゆる長期の雇用契約を結ぶという仕組みのもので、派遣会社は常時それらの派遣スタッフを雇用していることになります。一つの職場への派遣期間が終了した後でも安定した雇用形態が続くのが、常用型派遣の最大の特徴と言えるでしょう。

Page Top